カテゴリー
嫉妬

タニマチ

昔、某業界のある人のタニマチしてたことあるんだけど、その人、もう廃業しちゃった。
今は、地方の実業家と結婚して、そこそこ裕福に暮らしてるみたいだね~。
今でも、お中元とかお歳暮とか届く。それだけ。
タニマチやってた時もさ、人からの紹介だったんだけど、その業界でやってけるのかな?っていうような、甘いふわふわした感じだったんだよ。
そこそこファンもいたけど、メジャーになるとか、その業界で頭角を現すようななオーラはまったく感じなかった。
ただ、常にふわふわした幸せそうな雰囲気があるだけで、「この子を援助して何か自分にメリットがあるんだろうか」って考えちゃったもんな~。
タニマチとは何かを知りパパ活アプリで新型コロナの危機を脱出しました
もともとその業界、自分の親父の代からの付き合いで、自分にはあんまり興味のある分野じゃなかったし、お世話になってる人からの紹介で断れなかったというだけの理由。
親父の代までは、そういう昔からの付き合いとかコネとか、そういうのが有効だったけど、自分はもっとビジネスライクに行きたいんだよ。
自分の趣味に対して金を使うのはいいけど、付き合いとかコネとか義理で金出すってことに抵抗はあったねー。
今は親父が引退したこともあって、自分が継いで、そういう昔ながらの付き合いはどんどん減らしてる。
親父世代と感覚全然違っちゃってるよね。
タニマチっていう制度も、これから色んな伝統芸能の世界でも、変わって行くんじゃない?
今まで縁のなかった業界の人も参入していって、変なしきたりだの作法だの、すたれて行くんじゃないかなぁ。
タニマチの意味
お金の無償支援

カテゴリー

男のサポート

別れた妻のところにいる俺の娘が今年大学受験なんだよね。
それで、妻に一応連絡して大学進学の費用について話し合おうと思ったんだよ。
養育費はちゃんと払ってたけど、それも18歳までってことになってたし。
大学進学するなら、俺も学費の一部負担くらいの援助はできるし、そのつもりもあってちゃんと別に貯金しておいたんだ。
そしたら「そちらの援助は必要ありません」って一言。
裏切った男のサポートなんていらねーってか。
可愛くないよなー。「ありがとう~助かる~娘も安心するわ~」くらいのこと、言えないのか?
「一応、大学進学用に金貯めてあるけど」って申し出たんだけど「こちらでもちゃんとやってますからご心配なく!」だって。
裏切った男のサポートを受けることが、自分の尊厳にかかわるとでも思ってるんじゃない?別れた妻。
男のサポート
男の浮気を大げさに考えすぎてるんだよ。
こっちは、女の尊厳を傷つけるために浮気してたんじゃないの!
そんな大げさなこと考えてないって。
それなりに家族のことを考えてたからこそ、今まで養育費だって滞りなく払ってたし!大学受験とか、もしかして留学するかな~なんて考えて金貯めてたの!
こっちの気持ちも知らないで「裏切った男のサポートなんて死んでも受けるか!」って意地ね。
醜いよな~。拒否することが自分の尊厳を守ることだとでも勘違いしてるんじゃない?
プライドを持つのは大事だけど、そのプライドで自分のこと苦しめてない?
浮気した俺が言うのもなんだけど、ほんっと別れた妻のそういうとこ、可愛くないわ。
売り専掲示板
売り専

カテゴリー
恋愛

オナ電掲示板

俺はセックス仕事人だ。不感症の女性たちよ!俺の指先一本で快感の波にでんぐり返らせてやるよ。
・・・まあ、そんなことは思っていても口に出さない。普段はうだつの上がらない平凡なサラリーマンであり「ああいう人を昼行燈って言うのよ」と年下女子社員に馬鹿にされているような僕が、いざ裏に回れば、指だけで女性を快楽の絶頂に導く技を持つセックス仕事人としての顔を持つ・・・と言う、懐かしドラマで言うところの「静かなるドン」的ギャップを狙っているのでね。
「職場にはろくな男がいなくてさあ、鼻ちょうちん出して居眠りしているような上司とかね~」
と、年下女子社員がマッチングアプリで知り合った男相手に愚痴っぽくこぼしながらそいつに抱かれているわけさ。
でもなんか違う・・・私は全然気持ち良くないし、男の方がアヘアヘ言っているだけでさっさと果てちゃうし、何だかコイツの肉便器になってしまっているみたい。セックスってこんなものなのかなあ?と疑問の生じた年下女子社員が、セックスでは満たされない性感を解放すべくオナ電掲示板に登録してくる。
そんなオナ電掲示板で彼女の相手をするのが僕なんだよ。マスクして顔を隠しているので彼女はまさか職場で馬鹿にしている自分の上司であることに気づかない。
「さあイカせてあげるよ。まずは体から力を抜いて右手を肩に当てて。僕がいいと言うまで動かしちゃダメだよ」
オナ電掲示板
堅い体では快感も半減する。まずはセルフマッサージで血行を良くして、エンドルフィンが全身に流れるような感覚をイメージさせる。
「ああ火照ってきちゃった。まだいじっちゃダメ?」「ぐっと堪えるんだ。そしてこれをご覧」と満を持してチンコを見せる。オナニーの基本は脳イキだ。野性なんてものは後からついてくる。理性を支配することがセックスマスターの本質だ。
そして、彼女の指を解放させると既に高まっている性感はもう止まらない。僕のオナ指示で彼女はイキまくる。まさか、彼女も職場のうだつの上がらないおっさんにイカされているとは思うまい。これがセックス仕事人である。
「もうイッちゃったの?早いなーww」
と、普段の僕はオナ電掲示板で知り合った年下の女の子に秒でイカされています。セックス仕事人の本領発揮はいつのことだろう?
電話エッチアプリ
電話エッチ掲示板